音楽や旅の話題かな?


by dessemasse
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

e0012796_11154142.jpg

惜しくも受賞を逸しましたが現地の音楽賞ナホクに、本人が「男性歌手」、アルバムが「コンテンポラリーアルバム」、タイトル曲が「ソング・オブ・ザ・イヤー」と3部門にノミネートされたアルバム。

タイトル曲”Mother of the sea”はまさしく名曲そして名唱。
素晴らしいファルセットと美しいメロディ・・・初めて聴いたときは鳥肌が立ち、そして心が洗われました。
[PR]
by dessemasse | 2006-08-20 22:45 | HAWAIIAN MUSIC

The Door into Summer

小中学校の図書室に設置されているその手の本は全て読破したSF(ミステリ)少年だった。
もちろんジュブナイル版だけど。

幼少の頃にTVで見た宇宙少年ソラン、宇宙戦隊ロビン、もちろんウルトラシリーズ(セブンが好きだったなぁ)あたりが、きっかけになってるんだが、一番はまったのが「宇宙大作戦」。
とんがり耳@ミスター・スポックのアレですな(笑)。

宇宙大作戦=スタートレックはスペースオペラ(宇宙を舞台にした西部劇)、タイムトラベル、異次元、パラレルワールド、ファンタジー・・ありとあらゆるSFの要素がつまったドラマで 現在も新シリーズが放映中。
e0012796_11165865.jpg

↑●読み物としてのSFで私的№1はJ.Pホーガンの「星を継ぐもの」シリーズ(全5冊)。
太陽系を舞台にしたストーリーで、ハードSFであり本格的ミステリーであるが、ジャンルを超えた素晴らしいエンターテイメント。
かえって「SF」という冠で損をしてるかも。
大阪の中古レコ屋風に言うと「読まんと損」「持ってな恥」(笑)
騙されたと思って読んでみてね。
e0012796_11175689.jpg


↑●甲乙をつけがたいのが、SFの古典とも言えるハインライン作のタイムトラベルもの「夏への扉」。
ここで近未来として描かれているのが1970年~2000年(笑)
福島正美の和訳も素晴らしく、どんどん物語に引き込まれていく。

”世の中のすべての猫好きにこの本を捧げる”
・・・猫好きの人にもお勧めの1冊。
e0012796_111822100.jpg

↑●「夏への扉」がお気に召したら絶対読んで欲しいのが、日本が誇るタイムマシン小説-広瀬正の「マイナス・ゼロ」。
以下Amazonの的確なレビューを引用。↓
『「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「夏への扉」で感動した人は迷わずこちらも読んでみてください。求めているものがすべてつまってます。極上のエンタテイメント性とSF的理論の比率が前記2作とまったく一緒なのです。最後にすべての点が線になった時の爽快感は前記2作をも超えるとおもいます。』
[PR]
by dessemasse | 2006-08-17 21:22 | STAR TREK

5:05 - STAY AWAKE ('94)

e0012796_1120357.jpg

ハワイにはまりだした頃、現地で大ヒットしていたのが5:05(ふぁいぶ・おー・ふぁいぶ)のこのアルバム。
掛け値なしで捨て曲なしの大名盤です。

中でも"Tropical Beauty"はHawaiian AORの名曲。
楽園ハワイのイメージを音楽で具現しています。
試聴はこちらで。

残念がらこのアルバムだけでバンドは解散しましたが、中心人物Ben Vegasは現在も活躍しています。
[PR]
by dessemasse | 2006-08-15 22:27 | HAWAIIAN MUSIC

手抜きソーキそば

e0012796_12251167.jpg
今日の夕食は予定通り「手抜きソーキそば」。
ダシは沖縄で買ってきた希釈タイプの「ソバだし」。
麺は焼きそば用で代用しました。
多少風味は違うんですが、充分使えます。

二日目のソーキはめっちゃ美味いです^^
[PR]
by dessemasse | 2006-08-14 21:34 | OTHER

Edgewater - Seasons Change

e0012796_12224969.jpg

EdgewaterはあのTOMA/NATTODavid TomaDenny Miyasatoによるデュオ。
ファースト「Seasons Change 」はHawaiian AORの王道とも言える内容でかなり楽しめるアルバムです。
特にMichael Paulo(元KALAPANA)が関わった8曲目"I Need You Here"は秀逸。
試聴はこちら
e0012796_12234844.jpg

そしてこちらはセカンド「show me」。
アートワークをじっくりご覧ください。  ほ~ら、ひらがなで「み せ て」と・・・(笑)
ロック色を強めてソリッドなサウンドになっています。
出来は悪くないのですがハワイっぽさが全く感じられないのが残念なところ^^;
試聴はこちら
[PR]
by dessemasse | 2006-08-14 01:46 | HAWAIIAN MUSIC

今夜はソーキの煮付け

e0012796_1228433.jpg
今夜はソーキの煮付けを作ってみました。

スペアリブを下茹でしてアク取りした後、濃い口醤油+砂糖+焼酎少々で水からコトコト煮込むだけ。

水分が蒸発して焦げ付かないように、何回か差し水しながら待つこと3時間で出来上がり。
軟骨まで柔らかく食べられます。
ちなみにラフテー(三枚肉)やテビチ(豚足)も作り方は全く同じ。

今夜のオカズはこれとゴーヤチャンプルーとゴーヤのおひたし。
明日は残った煮付けでソーキそばの予定です。
[PR]
by dessemasse | 2006-08-13 22:26 | OTHER
e0012796_12261891.jpg
近畿一円で大雨が降ったみたいですが、大阪は免れたみたいです。
台風も地震も大阪だけは避けてくれるケースが多いんですよね。
・・・と言うわけで夏の雨「SUMMER RAIN」です。

vividのBitter Sweet Americaシリーズの第2弾。何故か発売日前に入手できました^^
同姓同名ですがハノイ・ロックスの人とは別人です。

一言でいえば「ちょっとジャジーなプレAOR@SSW」
ケニー・ランキンのカバーもしています。
胸キュンチューンも多く、まさしくビターでスウィートな好盤!!

試聴はUS盤のほうでどうぞ。
[PR]
by dessemasse | 2006-08-12 19:16 | MUSIC
e0012796_1231511.jpg
ハワイB級グルメの味再現シリーズ第2弾(笑)
今日はカフクのエビ屋台ジョバンニのガーリックスキャンピに挑戦しました。
基本的にはオリーブオイル+ニンニクのイタリア風ソテー。

1.オリーブオイル+おろしニンニク+塩こしょう+ワインか酒少々+醤油
 少々+みりん少々を合わせたものに殻付きエビを漬け込み、一晩冷蔵庫 で寝かせておく。
 じゃまくさければイタリアンドレッシングに漬け込んでも可。

2.ソテーするときにニンニクの粗めのみじん切りを追加。

3.殻を外さずソテーする。
 (殻の旨みが大事。また殻付きだと身が縮みません。)

・・・これで安い冷凍エビでもジョバンニに近い味を楽しめます。
  油でギトギト気味の方が美味いです。

今日は栄養を考えて、ゴーヤとトマトを追加してみました。
[PR]
by dessemasse | 2006-08-06 21:08 | OTHER
e0012796_12393214.jpg
スーパーで牛テールが安かったので、スープを作ることにしました。
材料はテールとニンニク、ショウガ、白ネギの青いところ・・・これだけテールは流水でさっと洗って下茹で。
アクが出て、ぼこぼこ沸騰しだしたら火を止めテールを取り出します。
e0012796_12362758.jpg
寸胴鍋にテールと軽くつぶしたニンニク4かけ、適当にぶつ切りしたショウガ、白ネギを放り込んで、水からことこと煮込むだけ。
あとは連れ合いにまかせて所用にでかけ、4時間後、すでに美味しいテールスープが出来上がっていました。
塩こしょう等、好みで味を足して頂きます。
テール肉はハワイ風にショウガ醤油で食すとこれまた美味い。
骨からぽろっと外れた肉をほおばると、もうたまりまへん。、

残ったスープをカレーやシチュー、ラーメン、雑炊、おでんに転用するとこれまた美味いんです。
今日は同時進行でテールのおでんも作りました。
おでんというより関東炊き。濃い口醤油とみりん、お酒を少々。
具材はテールの他に大根とジャガイモ、ゆで卵。ポイントは大根。
大根にスープがしみて美味い、大根の甘みがスープに溶け出して美味い、
そして大根の成分で、さらに肉が柔らかくなって美味いのです^^
e0012796_12375835.jpg

[PR]
by dessemasse | 2006-08-05 20:37 | OTHER

あろは三線~Aloha-isai

e0012796_12422592.jpg

ギターはFコードで挫折・・・。
それだけに楽器、特に弦楽器への憧れは強く、マトモに弾けもしないクセに持っていたりする。

以前沖縄に行った時に買ったのがこれ。
ウッドフレームに革張りしたもので、オモチャではない。
表面はハワイのモチーフ、裏面にはAloha-isai。
一目見て気に入ってしまった。オブジェとして(笑)。
e0012796_12433928.jpg

ギターでもコードはダメだが、メロディーは辿れる。
三線も音階の位置を覚えれば、それなりに弾けたような気になる。
弦が柔らかいので指に優しい。これなら大丈夫かも、習いたいなぁ。
残念ながら南大阪に三線教室はないみたい。
ギターの弦も三線くらい柔らかかったらいいのに。
e0012796_1244934.jpg

[PR]
by dessemasse | 2006-08-01 20:21 | OTHER