音楽や旅の話題かな?


by dessemasse
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:2006年1月ハワイ旅行( 7 )

5-6日目~'06.1ハワイ旅行

5~6日目 (画像は後ほど追加します)

あっと言う間の4泊6日、もう帰国。
限られた時間を無駄にしないよう8時にホテルをチェックアウトし、マジック・アイランドに向かう。
小一時間、海と空と風を楽しんだ後、カムボウリング場でテールスープを食す。
ここは朝7時から営業しているので、帰国日の朝食にも最適です。

アラモ・レンタカーに車を返却し、ホノルル空港へ。今回はEチケットなので、手続きもかんたん。
端末にパスポートを読み込ませ、画面にタッチしていくと搭乗券が自動発行される。
ここまでは良かったんですがトラブル発生。機内預入れ荷物が8ポンド(約3.6kg)重量オーバーとのこと。

今までは相当重い荷物でも通してくれていたのですが、厳しくなったのか、タイミングが悪かったのか・・・
超過料金25ドルを支払うか、8ポンド分減らせとの事。当然、荷物を減らすことを選択し、手荷物のデイパックに8ポンド分を移動して、事なきを得ました。

これでハワイともお別れ。振り返ってみると、見事にいつも同じような行動しかしてないんですよね。それでも飽きないのがハワイの良さってことで(笑)。

30代の頃はボディーボードもしていましたが、腰を壊して断念しました。
ちょっとは違う事もしようと予定していたマノア滝へのハイキングですが、雨の降らない時期の方が良さそうなので次回に持ち越しです。

無事帰国しました・・・・・今年中にもう1回行けたらいいなぁ。

-----------------------------
2006年1月25日追記
ノースウエスト航空の機内預け入れ荷物の件
調べてみると、2005年9月7日からエコノミークラスのみ、無料の重量上限が32kgから23kgに改訂されていました。
今まではスーツケースの中にダッフルバッグをつめて行き、二人分の預入荷物は往路は1つ帰路は2つで問題なかったですが、
次回からはダッフルバッグをもう1つ追加した方が無難ですね。
また以前は複数の荷物の場合、平均重量が上限を超えていなければ大丈夫でしたが、改訂以降は1つ1つ計量されるようです。

皆さんもご注意下さい。 それと他人の荷物は絶対に預からないように。
[PR]
by dessemasse | 2006-01-17 23:01 | 2006年1月ハワイ旅行

4日目~'06.1ハワイ旅行

4日目

実質的な最終日です。・・・楽しいことはあっと言う間ですね(泣)。
今日は朝からパリ・ハイウェイ経由でカイルアへ。途中ヌアヌ・パリに寄り道しましたが、ワイキキからは実質30分ほどで到着です。
e0012796_22265273.jpg

日本語のフリーペーパーで見た「ファットボーイズ」というプレートランチ屋さんでブランチ。
オリジナル弁当とマグロの炒め物プレートを注文。ボリュームたっぷりで美味でした。
特にマグロは熱を通しているのに、カスカスせずにジューシー。
e0012796_22275724.jpg
食後カイルア・ビーチへ。全米ナンバー1に選ばれたこともあるエメラルドグリーンの海が美しい。
またウィンド・サーフィンのメッカでもあり、常に風が吹いていて気持ちいい。
とはいえ直射日光は避けたいので、木陰でごろ寝。今日は涼しいのを通り越して寒いくらいでした。
e0012796_2229639.jpg
カイルアを後にし、東海岸経由でワイキキへ戻る。このドライブコースは楽しいですよ。
ホテルに戻って、それぞれ単独行動。連れ合いはホテルのラナイとプールでゆっくりしたいとの事。
e0012796_22295925.jpg
私はカハラ・モールへ行くことにしました。「タワー・レコード」でCDとDVDを買って、モール内をぶらぶら。
そしてスターバックスでゆっくりお茶。

ホテルで合流しワイキキを散策。今ワイキキは建築、改築ラッシュですね。
ビーチ・ウォーク周辺はほとんど再開発状態だし、ロイヤル・ハワイアンSCは一部分がばっさり切り取られている有様。
どんな風に変わるのか楽しみではありますが、高級リゾート化はして欲しくないですね。
e0012796_2231044.jpg
さて今回最後の晩餐はDFSの近くにある「プチ・ガーリック」で"ほうれん草とベーコンのサラダ""ボンゴレ""エビとホタテのソテー"を食す。
美味かったです。

ホテルに戻って荷造り。今回は陶器や本を買ったのでけっこう重い。できるだけ均等になるよう2つバゲッジに振り分ける。
うーん、それでも重いなぁ・・・・
[PR]
by dessemasse | 2006-01-15 23:44 | 2006年1月ハワイ旅行

3日目~'06.1ハワイ旅行

3日目
e0012796_22174134.jpg


エッグスン・シングスで朝食をとるため6時前に起床。早すぎると思われるでしょうけど、7時を過ぎると行列ができてるんですよ。
パンケーキと卵料理(オムレツ等)の昔から人気がある店で、火災で一旦閉店したものの'02年に復活。

火災前も風情がありましたが、新装してからも南国のアメリカンダイナーという雰囲気がいいですね。
「早起きスペシャル」でもコーヒー+チップで7ドルですので、朝食としては決して安くはないですが、美味しいですよ。
私はここのベーコンが大好きです。おみやげにパンケーキミックスを購入。
e0012796_22193553.jpg
午前中は久しぶりにホノルル動物園へ。10年ぶりになるかな?
より自然に近い環境を作ってあり、一般的な日本の動物園とは違う見せ方をしていて、人間と動物の距離感が近かく感じるんですよね。

園内の植栽も考えられてあって、植物園としても充分楽しめます。出口にあるギフトショップもおもしろい物がたくさんありますよ。
e0012796_22204672.jpg
動物園のあるカピオラニ公園では土日に「アート・セール」が開かれている。
地元アーチストの路上展示即売会とでも説明すればいいでしょうか。
いつもは手作りのオブジェや布製品などもあるんですが、今回は絵画が中心で規模も小さいものでした。
e0012796_2221554.jpg
動物園前のクヒオ・ビーチで休憩する。ワイキキ・ビーチに隣接するゲイ・ビーチでもあります。
といっても専用ではないので、もちろんノーマルな方でも利用可能(笑)
ここはワイキキビーチよりも人口密度が低く静か、芝生部分が広く涼しく過ごせるのでお勧めです。
近くには水族館もあります。
e0012796_2223297.jpg
ワイキキを離れてマッカリー・ショッピングセンター内の韓国料理店「ソゴンドン」の水豆腐とチヂミで昼食。
ほとんどのメニューにライスとキムチやナムルの小皿が数皿ついてくるので、ひとり一品のオーダーで充分。
焼き肉以外ならチップ込みでも10ドルあればお釣りがきます。
ハワイの韓国料理は甘めで濃い口ですが、これがまた癖になる味なんですね。この店も美味しいですよ。
e0012796_2223441.jpg
続いて頼まれ物の生地を買いに「ファブリック・マート」へ。所狭しとトロピカルな反物が積み上げられています。
連れ合いは「欲しいけど種類が多すぎて選べない。作る物を決めてから次回に選ぶ。」との事。さて次回はあるのか?(笑)

頼まれ物は「ハワイアン・キルトで作るセミダブルのベッドカバーの生地」。
店員さんと片言の英語と日本語で相談して何とか購入できました。オフホワイト4ヤードとネイビー3ヤードで21ドル。
さて1ヤード分は何ドルでしょう? この値段って安いのかなぁ?
e0012796_22241481.jpg
その後は日没まで、アラモアナ・ビーチとマジック・アイランドでゆっくり過ごしました。
ここの日没前後の風景が大好きなんですが、この日は西の水平線に厚い雲があって残念でした。
e0012796_22244137.jpg
ホテルに戻りしばし休憩のあと、初日に行った「アウトリガー・リーフ」へ。
同じメンバーはBBショーンだけで、あと二人は違う人。BB氏だけ固定で他の2人は曜日でかわるようですね。

前回は演奏だけに徹してたBB氏ですが、この日は真ん中に陣取りMCも明るくこなしていました。
今日もも2回のステージを楽しみながら、軽い夕食をいただきました
[PR]
by dessemasse | 2006-01-14 23:44 | 2006年1月ハワイ旅行

2日目~'06.1ハワイ旅行

2日目
e0012796_2158069.jpg

起床するとラナイの外に虹。朝方に雨が降ったようです。
マノアの滝へハイキングするつもりだったけど、山道がぬかるんでるとイヤなので、急遽ノースショアへ行き先を変更。

まず腹ごしらえ。ゲートウェイサンドビラはコンチネンタル式朝食がついていますが、もったいないけど、ほとんど利用しません。
というのは、食べたいものがいっぱいあるから(笑)。
e0012796_21591598.jpg
今日もカムボウリング場に立ち寄り、場内の食堂「カピオラニ・コーヒーショップ」でオックステール・スープを朝食に。
柔らかいテール肉とその骨の旨味を吸い込んだスープが絶品。ハワイに行かれた際は是非お試しあれ。
e0012796_220678.jpg
食後、H1にのりノースショアへ向かい、途中「ドール・パビリオン」で休憩。敷地内「プランテーション・ガーデン」を散策することにしました。
ハワイの固有種やハイビスカスを植栽したミニ植物園なのですが、見物はアナナス、チランドシア、エクメア、グズマニアといったパイナップル科の植物でしょう。
この種の植物好きには堪らないスポットだと思います。日本で買えば1株数千円から数万円するようなものが、ウジャウジャ植わっています。
e0012796_2211213.jpg
e0012796_2221355.jpg
WAHIAWA(ワヒアワ)・・・「ドール」から「ハレイワ」への1本道。両脇に赤茶色のサトウキビ畑、進むほどに前方の地平線が水平線に、そして空が海に変わっていく。
私はこの風景が一番好きかもしれません。
e0012796_2242757.jpg
「ハレイワ・マーケットプレイス」に立ち寄ってショッピングを楽しんでいたところ突然のシャワーが・・・先にランチにすることにしました。
ランチの前にスーパーマーケット「フード・ランド」に立ち寄り、自宅用のコーヒー豆やBBQソース、芳香剤、みやげ用のチョコレートを買い込みました。
ここでは奥のサービスカウンターでショッピングカードをもらって下さい。これをレジ前に提示すると特売価格になります。
ちなみに今回一番の値引きはコーヒー豆で通常7ドルのものが4ドルになりました。
それを15袋買ったので45ドル分の得。・・・・馬鹿になりませんよ。
e0012796_2251676.jpg
ノースショアはエビの養殖が盛んな地域でもあり、廃車になったワゴンやバスを改造したエビ料理屋台が散在しています。
老舗が「ジョバンニ」なのですが、ここ数年これを真似た屋台が増えました。昨年、この屋台が一堂に会して味比べのコンテストをしたそうです。
今回はそこで優勝した「マッキーズ・カフク・スイート・シュリンプ」で食べることにしました。
e0012796_2262293.jpg
後発だけに定番のエビと2スクープ・ライスの他にサラダとパイナップルがついていて、値段は老舗と同じ11ドル。
エビは殻付きですが、背割りがしてあって食べやすい工夫がしてあり、下ごしらえが丁寧な気がします。
お味の方は・・・「ジョバンニ」と同じでした(笑)。同じというのは「超美味い」ってことですよ。
e0012796_228646.jpg
その後「サンセットビーチ」へ。映画「ビッグ・ウェンズデイ」のロケ地にもなったサーフィンのメッカ。
もちろんジャン・マイケル・ヴィンセントとはほど遠い体型の私は、するのではなく見る方ですが(苦笑)。
冬の波は雄大で一見に値する。昼寝を決め込もうと思ったとたん、シャワー(夕立)が・・・。
12~3月のハワイは雨期にあたり、結構雨が降る。それでも日本の梅雨のように蒸し暑くなくからっとしている。
滞在中の朝と夕方以降は肌寒いくらいでした。
e0012796_2294825.jpg
昼寝どころではなくなったので早々に退散し、近くのウミガメ・ビーチに寄ることに。
ビーチに隣接している岩場に餌となる藻がびっしり張りついているので、ここに住み着いているのだとか。
5分ほど車を走らせると雨も止み、期待をこめてビーチにおりたものの亀さん達は不在。
冬場は波が荒いので、あまり上陸しないらしい。画像は去年七月に撮ったもの。夏場は遭遇率高しですよ。
e0012796_1464474.jpg
ウミガメとは出会えなかったけど、海と山にかかる架け橋を見ることができました。
この日は雨が多く、たくさんの虹を見ましたが、これだけのものは初めて。
デジカメ画像でもその美しさがわかってもらえると思います。
e0012796_22131192.jpg
ノースショアを後にし夕食までの時間調整を兼ねて、アラモアナ・ショッピングセンターへ向かいます。
ここはこの数年、来る度にどこかが変わっていて、ますます賑やかですね。
今回も駐車場が広くなり、撤退した旧JCペニー3階部分にも店舗が入っていました。方向音痴な私は、ますます迷路にはまっていく(笑)。
連れ合いもブランド物には興味がないので、ここではほとんど買い物はしないけど、ハワイに来たらとりあえず寄ってしまう場所ですね。

個人的に楽しい店は「白木屋」ですね。庶民的でデパートとスーパーの中間的なコンセプトが面白いです。
ブック・オフが入っていて、文庫本が安く手に入りますし、日本から持ち込んだ本や雑誌を売って身軽に帰りましょう。
日本の味が恋しくなったら、3階にあるバイキングをお勧めします。リーズナブルに食べることができますよ。
e0012796_2214854.jpg
今日のディナーはカイムキにある「まぐろ屋」で。地元産の新鮮なマグロやアラスカやカナダ産の魚介を堪能できるお勧めのレストランです。
二人で腹一杯食って飲んで、120ドルくらいかな。予約したほうが無難でしょうね。
e0012796_2214336.jpg
食後は酔い覚ましを兼ねて、同じ通りにあるカフェ「コーヒー・トーク」へ。でっかいマグカップになみなみと注いでくれるのが嬉しい。
屋根のあるテラス席では喫煙可能なので、ゆっくり酔いを覚ますのに最適。
ここはインターネット・カフェでもありまして、無線LANも対応しておりノートPCを持ち込めば無料でネットが使えます。

小一時間、休憩した後ホテルに帰って就寝。
[PR]
by dessemasse | 2006-01-13 23:31 | 2006年1月ハワイ旅行

1日目~'06.1ハワイ旅行

というわけで、ハワイ旅行初日です。
準備しだしたのは家を出る1時間前、一番大事なパスポートが見つからなくて焦りましたが、PM5:50何とか出発。
余裕をもって準備したいなと思うのですが、いつもこんな調子です。(苦笑)
PM6:30関空着。エリーモータープールに車を引き渡す。

チェックインのあと両替と食事と本屋で時間を潰す。これもワンパターン。
ノースウエスト航空16便に搭乗し無事離陸。正月、成人の日とピークを外れているのに飛行機は満席とのこと。
合理化というか経費節減なのか、機内誌に日本語ページなし、機内食のメニューもなし。
そして相変わらずキャビンアテンダントは無愛想(笑)。まぁ、事故なく現地まで運んでくれればそれで良いのだけれど、
機内では爆睡、気がつけば朝食を配っていました。
e0012796_21543571.jpg
予定時刻に無事着陸。WIKIWIKIバスでイミグレーションへ向かいます。
イミグレはガラガラでしたが、ご時世で一組一組に時間がかかる。指紋と顔写真をとられ釈放。
スーツケースは既に出されていたので、そのまま個人客出口から外へ。ここまで着陸して40分程、けっこうスムーズにハワイの地を踏むことができました。
例年より暑く雨も少ないと聞いていたのですが、けっこう涼しい。時折シャワーも。


シャトルバスでアラモ・レンタカーの営業所へ。ここでもタイミングが良く待つことなく手続き完了。
今回の車はシボレー・マリブ。軽自動車に乗りなれてしまったので、かなり大きく感じる。特に横幅が。
アラモを出発し、ホテルにチェックインするまで時間を潰す。まず、ディリンガムのセイバーズへ。
セイバーズは日本でいうリサイクルショップで、衣類やおもちゃ、家具、家電、工具、本、レコード、CD等々、家庭の不用品が集められている。
日本と違うのは、商品はすべて寄付により賄われ、売り上げは慈善事業に使われるということ。したがって価格も安い。
ここでは、Tシャツとアロハシャツ中心に買うことしています。寄付とはいえ、洗濯済みなのでハワイで着るのが目的です。
連れ合いはムームーをコレクション・・・これは、どこでも着られませんが(笑)。
いわゆるレア物などは滅多にありませんが、1ドルから8ドル程度で買えるので非常にリーズナブル。ついつい買いすぎてしまいます。ちょうどお昼になったのでセイバーズの並びにある「ヤミー・コーリアンBBQ」でランチにしました。ここはハワイに何店舗も支店がある焼肉屋さん。
滞在中は必ず1回は足を運ぶお気に入りのレストランです。
これは定番のカルビ・プレートで甘めのタレが絶品です。

昼食後、ワードセンター内の本とCDの店「ボーダーズ」に立ち寄り、CDを物色。ハワイアンを中心に、毎回十数枚は買ってしまいます。
店内にカフェがあり、購入前の本を持ち込むこともできます。図書館的にも使えるわけですね。日本でもこういうスタイルのショップが増えてほしいです。良い時間になったので、ワイキキゲートウェイ・ホテルにチェックイン。ここに泊まるのは2回目。
部屋は15階で、ラナイからは海・山・カラカウア通り・クヒオ通り・公園が見渡せ、申し分ありません。
室内はサンドビラと姉妹ホテルなだけでに、ほとんど同じ作りとインテリアです。コストパフォーマンスの良いホテルですね。
荷解きして、しばらく仮眠することにしました。
目覚めると外は真っ暗、夕食の時間になっていました。ビーチウォーク沿いのリーズナブルな寿司屋「鮨好」で夕食にしようと思ったら、何と閉店。
あんなに流行ってたのに・・・つぶれた?
そのまま海側へ歩いていくと、ハワイアンが聞こえてきました。アウトリガーリーフ・ホテルのラウンジで生演奏をしていたのです。
疲れていたのもあって、そこで食事することにしました。バンドは3人編成のバンドなのですが、スチールギターが盲目の人で、見覚えが・・と考えていたら、BBショーンというハワイアンのグラミーと言われるナホク賞で、部門賞を受賞したミュージシャンだったのです。
AORありトラディショナルありフラとのコラボありと、バラエティに富んだ構成のとても楽しいライブで、私たちは2ステージを見ましたが、曲目もかぶりませんでした。
ちなみにこのラウンジは一部オープンエアになっているので喫煙可能。スモーカーの私たちには嬉しいスポットでした。
「鮨好」閉店のおかげで(笑)、結果的に楽しいハワイの夜を過ごせました。

ホテルに帰って、調べてみると「鮨好」は店舗の賃貸契約切れの為の撤退で、来月2月からは向かいのブレーカーズ・ホテル内で営業を再開するとの事。
[PR]
by dessemasse | 2006-01-12 23:27 | 2006年1月ハワイ旅行
無事、航空券とホテルを確保できたので、次はレンタカーの予約。
JCBカードを持っていたら、迷わずアラモ・レンタカーです。
通常料金でも他社より割安ですが、JCB決済だと更に15%引きになります。
またアラモはWEB上で予約ができるので非常に便利です。

今回は保険・諸税金フルカバー+ガソリン満タン分付き+追加運転手料金込みのゴールドプランで予約しました。
二人で運転する場合はこのプランがお得で、ミッドサイズ(1800CCクラス)が一日あたり77ドルで借りられます。(通常価格は91ドル。)
詳しい車の借り方や現地の交通ルール等を私のサイトで紹介していますのでご覧下さい。

最後は空港駐車場の予約です。
空港で車を預けて民間駐車場に保管し、帰国時に空港出口で返してくれるというシステムですね。
オススメはエリーモータープールです。
他社より1000円は安く、リピーターにはさらに1000円引き。今回は5泊6日で8000円也。
二人で往復すると同じくらいの電車賃がかかるので妥当な金額でしょう。
高速代やガソリン代は別途必要ですが、自宅-関空が45分という便利さには代えられません。

以上で予約関係は完了です。

2005年12月18日追記
ここ数日で1ドル=120円から115円へ^^ 110円くらいになってくんないかなぁ
[PR]
by dessemasse | 2005-12-08 22:53 | 2006年1月ハワイ旅行
現在、来年1月のハワイ旅行を計画中。 
結局'05.7月のハワイ旅行はウェブ上に何も残せませんでしたので、備忘録を兼ねて少し詳しく書き残そうと思います。
そして、できたら今回は現地からレポートしようかな・・・・と。
あくまで体力が残っていればですが・・・遊び疲れてホテルに戻ればいつも目が持たないので(笑)

いつもハワイ旅行に関しては、まずABロードNETで格安航空券探しから始めます。
今回の日程で一番安かったのが、ユナイテッド航空便で44000円前後でした。
早速、各旅行社に電話するも行きたい日程の便はどこも売り切れとの事。
ユナイテッド便利用のツアーをあたってみましたが、予想通りこれも完売。
休暇の日程が確定したのが今月('05.12)に入ってからだったので仕方ないですね。

ノースウエスト航空利用・サンドビラもしくはゲートウェイ指定のツアー(70800円)を見つけたので電話をすると、ホテルが売り切れ^^;。
しかし飛行機は確保できるとの事なので、航空券のみを購入することにしました。56800円(×2枚)也。

原油高の影響で最近はサーチャージなる「追加燃料代」も取られるんですよ。
それにテロの影響で乗客が負担する保険もあるんです。この出費が一人あたり15600円。
加えて現地空港税が6400円・・・円安が痛い。

次はホテルの予約。
拙サイトでも紹介しているように、ワイキキ・サンドビラはお気に入りのホテルですが、今回はワイキキ・ゲートウェイを予約しました。
サンドビラとは同じ経営で、同様に無料でブロードバンド回線が使えるのが魅力のホテルです。
ハワイにも高速回線が使えるホテルが増えてきましたが、無料なのはこの二つだけです。
90ドル×4泊+州税=401ドル(×120円/ドル=48120円)也。

結局ツアーと同じ組み合わせですね(笑)。
「ツアーは売り切れだったんじゃないの?」と不思議に思われるかもしれませんが、これは旅行会社が契約している部屋数が完売しただけ。
ツアーがダメでも個人で手配すると大丈夫な事は多いんですよ。
ただし、二人で旅行する場合は航空券とホテルを別々に手配すると、ツアーより若干高くなります。

今回の場合は円安(1ドル=120円)も手伝って一人あたり80000円。
ツアーが70800円ですので9200円も割高になりました。
個人手配だと室内金庫が無料になるので、少しは差が埋まりますし、部屋をリクエストできたり良い部屋に無料アップグレードということも期待できたりもします。
なお、一人旅の場合は確実に個人手配の方が安くあがります。

希望の日程で航空券とホテルが決まったので、一安心です。
[PR]
by dessemasse | 2005-12-08 01:01 | 2006年1月ハワイ旅行